流ての世(読み)ながれてのよ

精選版 日本国語大辞典の解説

ながれ【流】 て の世(よ)

後の世。末の世。末世。
※為相本曾丹集(11C初か)「かみすがき立てたることもなき人のなかれてのよのしるしなりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android