コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅甕/瓼 サラケ

デジタル大辞泉の解説

さら‐け【×甕/×瓼】

《「さらげ」とも》底が浅く平たいかめ。水を入れて運んだり、酒をつくったりするのに用いる。
「―に醸(か)める酒(おほみき)」〈顕宗紀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さらけ【浅甕】

〔「さらげ」とも〕
底の浅いかめ。 「 -に醸める酒おおみきを/日本書紀 顕宗訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

浅甕/瓼の関連キーワード

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android