コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮き河竹/憂き河竹 ウキカワタケ

デジタル大辞泉の解説

うき‐かわたけ〔‐かはたけ〕【浮き河竹/憂き河竹】

定まりのない、つらいことの多い身の上を、水に浮き沈みする川辺の竹にたとえ、「浮き」に「憂き」を掛けた語。遊女の境遇をいう。
「恥づかしながらわたしが昔は―の傾城(けいせい)」〈浄・嫗山姥

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うきかわたけ【浮き河竹】

〔「河竹」はネンジュモ〕
浮き沈みしながら流される、つらい身の上。「浮き」に「憂き」をかけていう。 「わたしが昔は-の傾城/浄瑠璃・嫗山姥」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

浮き河竹/憂き河竹の関連キーワードネンジュモ定まり

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android