コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川辺 かわなべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川辺
かわなべ

鹿児島県南西部,南九州市北西部の旧町域。薩摩半島南部の火山灰台地にある。 1923年町制。 1956年勝目村と合体。 2007年頴娃町,知覧町の2町と合体して南九州市となった。古代中期から平家の一族川辺氏が支配。仏教文化が花開き,清水磨崖仏 (きよみずまがいぶつ) や宝光院跡が残る。のち島津氏の統治下に入り,地頭が置かれた。台地内の低地では米作,台地ではサツマイモ,チャ (茶) などを栽培。丘陵ではスギ,マツ,ヒノキを植林。デンプン,製茶,製材などの工業が行なわれる。特に仏壇の製造が多い。肉牛,ブタ,ニワトリの飼育も盛ん。知覧街道沿いにある小野滝の付近には多数の甌穴 (おうけつ) があり蟹ヶ地獄 (かにがじごく) といわれる。

川辺
かわべ

和歌山県中西部,日高川町西部の旧町域。日高川の中流域にある。 1955年丹生村,矢田村,早蘇村の3村が合体して町制。 2005年中津村,美山村と合体して日高川町となった。県下有数のナツミカンの産地で,ジュース工場がある。林業も行なわれる。中心集落の鐘巻にある道成寺は,大宝1 (701) 年紀道成 (きのみちなり) の建立といわれ,本尊の千手観音立像と菩薩立像はいずれも国宝に指定されている。安珍と清姫の一連の縁起物語「道成寺物」でも知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かわ‐べ〔かは‐〕【川辺】

《古くは「かわへ」とも》川のほとり。川べり。川ばた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

川辺

正式社名「川辺株式会社」。英文社名「T.KAWABE&CO., LTD.」。卸売業。大正12年(1923)前身の「川辺富造商店」創業。昭和17年(1942)株式会社化。同39年(1964)現在の社名に変更。本社は東京都新宿区四谷。服飾雑貨専門商社。主力はハンカチーフ。ほかにスカーフ・タオルなど。百貨店向け輸入有名ブランド中心。JASDAQ上場。証券コード8123。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

大辞林 第三版の解説

かわべ【川辺】

〔古くは「かわへ」〕
川のそば。流れのほとり。川端。 「 -にたたずむ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

川辺の関連キーワード兵庫県川辺郡猪名川町つつじが丘兵庫県川辺郡猪名川町一庫福ヶ谷兵庫県川辺郡猪名川町下阿古谷兵庫県川辺郡猪名川町上阿古谷兵庫県川辺郡猪名川町猪名川台兵庫県川辺郡猪名川町南田原兵庫県川辺郡猪名川町内馬場兵庫県川辺郡猪名川町清水東兵庫県川辺郡猪名川町木間生兵庫県川辺郡猪名川町仁頂寺兵庫県川辺郡猪名川町伏見台兵庫県川辺郡猪名川町松尾台兵庫県川辺郡猪名川町旭ケ丘兵庫県川辺郡猪名川町柏梨田兵庫県川辺郡猪名川町西畑兵庫県川辺郡猪名川町民田兵庫県川辺郡猪名川町白金兵庫県川辺郡猪名川町猪渕兵庫県川辺郡猪名川町笹尾兵庫県川辺郡猪名川町柏原

川辺の関連情報