境遇(読み)きょうぐう

精選版 日本国語大辞典 「境遇」の意味・読み・例文・類語

きょう‐ぐう キャウ‥【境遇】

〘名〙
① その人が置かれた生活上の総合的状況家庭環境、経済状態、友人関係など生活上のすべての面を含めていうことが多い。めぐりあわせ。身の上境涯(きょうがい)
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一七「しかし、我輩の現今の境遇(キャウグウ)は、ほとんど疫病(やくびゃう)にかかったも宜しくだ」 〔福恵全書‐筮任部・総論
② 一般に、環境。状況。
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉二「外部社会四囲の境遇は如何」
[語誌]「哲学字彙」などでは、circumstance の訳語に当てられており、明治期において、「境遇」は多分に②の意味もかねていたが、大正後期に②の意には「環境」が当てられるようになってからは、もっぱら①の意味に限定されるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「境遇」の意味・読み・例文・類語

きょう‐ぐう〔キヤウ‐〕【境遇】

その人が置かれた、家庭環境・経済状態・人間関係などの状況。身の上。境涯。「恵まれた境遇に育つ」
[類語]身の上境涯環境境界境地身空

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android