浮世は牛の小車(読み)ウキヨハウシノオグルマ

デジタル大辞泉の解説

浮世(うきよ)は牛の小車(おぐるま)

《「」に「憂し」を掛けて》この世はつらく苦しいことばかりがめぐってくるということのたとえ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うきよ【浮世】 は=牛(うし)の小車(おぐるま)[=車(くるま)の輪(わ)

(「牛」は「憂(う)し」にかける) この世の因果応報のめぐりくるさまを、車にたとえたもの。
※謡曲・葵上(1435頃)「憂き世は牛の小車の、巡るや報いなるらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android