小車(読み)オグルマ

デジタル大辞泉の解説

お‐ぐるま〔を‐〕【小車】

小さな車。また、車、特に牛車(ぎっしゃ)をいう。
「思ひまはせば―のわづかなりける憂き世かな」〈閑吟集
キク科の多年草。湿地に生え、高さ30~60センチ。地下茎で繁殖。葉は互生し、堅い。夏から秋、黄色い頭状花を開く。のぐるま。かまつぼぐさ。 秋》「―や何菊と名の付くべきを/越人

こ‐ぐるま【小車】

小さい車。おぐるま。
輦車(れんしゃ)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おぐるま【小車】

小さい車。特に牛車ぎつしやをいう。 「 -のすだれ動かす風ぞ涼しき/風雅
キク科の多年草。湿地・田のあぜなどに自生し、地下茎でふえる。茎は50センチメートル 内外、葉は互生。夏、茎頂に径3センチメートルの黄色の頭花を開く。八重咲きのものを観賞用にする。漢名、旋覆花。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐ぐるま を‥【小車】

〘名〙
① 小さな車。
※長秋記‐保延元年(1135)三月二七日「東間置宮御料遊具等、手鞠付銀枝、小車鶴舞、有蓋小車、作馬等類也」
② (「お」は接頭語) 車。とくに牛車(ぎっしゃ)のこと。
※右京大夫集(13C前)「むかしおもふにほひかなにそおぐるまにいれしたくひの我身ならぬに」
③ キク科の多年草。北海道・本州・九州の原野や畔などの湿った場所に生える。茎は直立し、高さ三〇~六〇センチメートルになり、上方で枝を分かつ。全体に毛がある。葉は互生し、先のとがった楕円形状で、長さ五~一〇センチメートルになり、縁に浅い鋸歯(きょし)があり、上方につく葉は茎を包む。夏から秋にかけて枝の先端に径約三センチメートルの黄色い頭花が咲く。周辺花は一列に並んだ黄色の舌状花で、中心花は濃黄色の筒状花が密生している。漢名、旋覆花。のぐるま。かまつぼぐさ。《季・秋》 〔日葡辞書(1603‐04)〕

こ‐ぐるま【小車】

〘名〙
① 小さい車。おぐるま。
※平家(13C前)五「今は辻々をみな掘りきって、車なんどのたやすう行きかふ事もなし。たまさかに行く人もこぐるまに乗り」
② 轅(ながえ)の中央に車をつけた乗物。天皇、皇族、摂関家などの乗用とした。腰車。てぐるま。輦車(れんしゃ)
※続日本後紀‐承和六年(839)六月己卯「女御従四位下藤原朝臣沢子卒。〈略〉載之小車。出禁中
③ 模型の車。おもちゃの車。
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「こくるま二つづつ、しろかね、こがねの馬、さまざま色々とりたてて、『宮たち、出でさせ給へ』と聞え給ふ」

しょう‐しゃ セウ‥【小車】

〘名〙 車の小さいもの。小型の車。こぐるま。おぐるま。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)二「下劣の小車(セウシャ)(〈注〉チイサキクルマ)を、もて、諸の子どもに、あたふべからず」 〔漢書‐車千秋伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小車の関連情報