コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(き)桟橋 ウキサンバシ

デジタル大辞泉の解説

うき‐さんばし【浮(き)桟橋】

箱船を海・川の岸に浮かし、水の干満に従って上下するようにした桟橋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の浮(き)桟橋の言及

【桟橋】より

…なお,脚柱の上に係留施設のみを備えたものはドルフィンdolphinと称し,桟橋とは区別する。また脚柱をもたず,ポンツーンpontoonという箱形の浮体を,係留鎖もしくは杭やドルフィンで位置を安定させたものは浮桟橋pontoon bridgeと呼ばれる。浮桟橋は地震による破壊や潮位の変動による荷役の困難さはないが,波浪に弱いので静穏な水面など利用範囲は限られる。…

※「浮(き)桟橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

浮(き)桟橋の関連キーワードトゥンクトゥンガザハラモスクポンツーン係留箱船