海やまのあひだ(読み)うみやまのあいだ

大辞林 第三版の解説

うみやまのあいだ【海やまのあひだ】

歌集。釈迢空(折口信夫)の最初の歌集。1925年(大正14)刊。民俗採訪旅行時の海や山での詠作が中心。四句詩形式が特色で、自由な詩型創出を試みている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

うみやまのあいだ〔うみやまのあひだ〕【海やまのあひだ】

釈迢空(しゃくちょうくう)(折口信夫)の自撰歌集。大正14年(1925)刊。明治37年(1904)頃から大正14年(1925)までの作品を収める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android