コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海を渡る ウミヲワタル

デジタル大辞泉の解説

海(うみ)を渡・る

海を渡って外国へ行く。また、外国に伝わる。「国宝が初めて―・る」「日本の技術が―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うみをわたる【海を渡る】

外国へ行く。また、外国から来る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

海を渡るの関連キーワード魏志倭人伝(読み下し)八代妙見祭の神幸行事御船祭り・御船祭ジャンヌ モローベルリンの画家エグナチア街道ロスキレの和約吉野ヶ里遺跡戸上 城太郎三村 伸太郎H. ソラス久慈 行子望月 優子ギンヤンマ果てなし話市川 春代白石康次郎少年十字軍三村伸太郎神功皇后

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海を渡るの関連情報