消費者包装

世界大百科事典内の消費者包装の言及

【包装】より

… このように包装は物品が生産され,末端の消費者にわたり,消費されるまでに必要な保護機能に加えて,生産性,機械適応性,便利性,保温性,防湿性,防錆(ぼうせい)性,安全衛生性,廃棄性,販売促進性など,その商品の性質と流通の環境によりさまざまの機能が要求され,しかも低コストであることが前提とされている。この包装を使用面からみると,大きく輸送包装と消費者包装に分けられる。
[輸送包装と消費者包装]
 従来は工業包装と商業包装という分類であったが,1970年代前半から物流も含めた包装として考えられるようになり,輸送包装と消費者包装という分類が使われるようになった。…

※「消費者包装」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android