消費者(読み)しょうひしゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)「消費者」の解説

消費者
しょうひしゃ

生物学用語。生態系内でのエネルギーの流れと物質循環において、生産者を直接または間接に摂食し、これを分解する過程で生じるエネルギーを利用して生活する生物をいう。有機栄養生物(従属栄養生物ともいう)のうち、いわゆる動物がこれにあたる。ドイツの陸水生物学者ティーネマンA. F. Thienemannが1918年に初めて使用した。類語に分解者、対語に生産者がある。

 生産者を直接摂食する植食動物と死んだ生産者(落ち葉や枯れ枝なども含む)を摂食する動物を第一次消費者とよび、これを摂食する動物を第二次消費者、以下順に第三次、第四次、……のようによんで細区分する。普通、消費者とはいわゆる動物をさすが、細菌類や菌類など分解者との区別は明確ではない。また、その機能から消費者という名称は適当でないという主張もあり、これに従えば第一次消費者を第二次生産者のようによぶ。

[牧 岩男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「消費者」の解説

しょうひ‐しゃ〔セウヒ‐〕【消費者】

商品・サービスを消費する人。→生産者1
生態系における食物連鎖で、光合成を行う生産である植物に依存して生活する生物。直接に緑色植物を食べる草食動物を第一次(一次)消費者、草食動物を食べる肉食動物を第二次(二次)消費者とよぶ。→生産者2分解者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「消費者」の解説

しょうひ‐しゃ セウヒ‥【消費者】

〘名〙
① 生産されたものを使ったり、食べたり、また、サービスを受けたりする側の者。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(1947)一条「以て、一般消費者の利益を確保するとともに」
② 生態系で、生産者である植物に依存して生活する生物。動物だけをさすことが多く、腐植食物連鎖に属する細菌類や菌類は含めない。緑色植物を食べる草食動物を第一次消費者、第一次消費者を食べる肉食動物を第二次消費者とよぶ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「消費者」の解説

消費者
しょうひしゃ
consumer

生態学用語。生産者が合成した有機物に依存して生活する生物で,主として動物。草食動物は1次 (または第1次) 消費者 primary consumers,これを食べる肉食動物は2次消費者 secondary consumersである。3次,4次の消費者も存在しうる。遺骸,朽ち木などを利用して生きる細菌菌類などは,分解者と呼んで別に扱うが,広義には消費者である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android