コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消費者 しょうひしゃconsumer

翻訳|consumer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消費者
しょうひしゃ
consumer

生態学用語。生産者が合成した有機物に依存して生活する生物で,主として動物。草食動物は1次 (または第1次) 消費者 primary consumers,これを食べる肉食動物は2次消費者 secondary consumersである。3次,4次の消費者も存在しうる。遺骸,朽ち木などを利用して生きる細菌や菌類などは,分解者と呼んで別に扱うが,広義には消費者である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうひ‐しゃ〔セウヒ‐〕【消費者】

商品・サービスを消費する人。→生産者1
生態系における食物連鎖で、光合成を行う生産者である植物に依存して生活する生物。直接に緑色植物を食べる草食動物を第一次(一次)消費者、草食動物を食べる肉食動物を第二次(二次)消費者とよぶ。→生産者2分解者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうひしゃ【消費者】

物資を消費する人。商品を買う人。
〘生〙 無機物から有機物を合成できず、生産者を直接または間接に摂食することにより有機物を得ている生物。通常は、動物をさす。
▽↔ 生産者

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

消費者
しょうひしゃ

生物学用語。生態系内でのエネルギーの流れと物質循環において、生産者を直接または間接に摂食し、これを分解する過程で生じるエネルギーを利用して生活する生物をいう。有機栄養生物(従属栄養生物ともいう)のうち、いわゆる動物がこれにあたる。ドイツの陸水生物学者ティーネマンA. F. Thienemannが1918年に初めて使用した。類語に分解者、対語に生産者がある。
 生産者を直接摂食する植食動物と死んだ生産者(落ち葉や枯れ枝なども含む)を摂食する動物を第一次消費者とよび、これを摂食する動物を第二次消費者、以下順に第三次、第四次、……のようによんで細区分する。普通、消費者とはいわゆる動物をさすが、細菌類や菌類など分解者との区別は明確ではない。また、その機能から消費者という名称は適当でないという主張もあり、これに従えば第一次消費者を第二次生産者のようによぶ。[牧 岩男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

消費者の関連キーワードコンシューマーズ・インターナショナルコンシューマー・インサイトミシガン大学消費者態度指数ワンストップ・ショッピングコンシューマーリサーチ消費者庁設置関連法案消費者裁判手続特例法コルストン ウォーン消費者安全調査委員会ヒーブ(HEIB)消費者団体訴訟制度特定適格消費者団体世界消費者権利デーニッチ・ブランド消費者教育推進法日本消費経済新聞消費者自己責任プロシューマーライフスタイルアドインパクト

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消費者の関連情報