涼み(読み)スズミ

デジタル大辞泉の解説

すずみ【涼み】

涼むこと。涼しい空気に当たって暑さをしのぐこと。納涼。「夕涼み 夏》「網打の見えずなりゆく―かな/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すずみ【涼み】

〔動詞「涼む」の連用形から〕
暑さを忘れるために涼しい空気に当たること。納涼。 [季] 夏。 「川-」 「夕-」
近世、6月7日から18日まで毎夜、京の四条河原の川中に床を設け、足をひたして涼をとったこと。茶店が出て音曲・曲芸などの遊宴が行われた。川原涼み。四条涼み。
当道の祖神である雨夜尊あまよのみことの母后の逮夜とされる陰暦6月19日に、検校・勾当・座頭などが京都清聚庵に会し、母后の追善のために行なった法会。涼みの塔。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の涼みの言及

【納涼】より

…炎暑の候に暑さを避けること。〈涼み〉ともいう。古くは緑陰あるいは水辺に涼を求めた。…

※「涼み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

涼みの関連情報