コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涼み スズミ

デジタル大辞泉の解説

すずみ【涼み】

涼むこと。涼しい空気に当たって暑さをしのぐこと。納涼。「夕涼み 夏》「網打の見えずなりゆく―かな/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すずみ【涼み】

〔動詞「涼む」の連用形から〕
暑さを忘れるために涼しい空気に当たること。納涼。 [季] 夏。 「川-」 「夕-」
近世、6月7日から18日まで毎夜、京の四条河原の川中に床を設け、足をひたして涼をとったこと。茶店が出て音曲・曲芸などの遊宴が行われた。川原涼み。四条涼み。
当道の祖神である雨夜尊あまよのみことの母后の逮夜とされる陰暦6月19日に、検校・勾当・座頭などが京都清聚庵に会し、母后の追善のために行なった法会。涼みの塔。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の涼みの言及

【納涼】より

…炎暑の候に暑さを避けること。〈涼み〉ともいう。古くは緑陰あるいは水辺に涼を求めた。…

※「涼み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

涼みの関連キーワード床几・牀几・将几古都トロギール向田の火祭り置き座・置座おぼめかし北野 恒富辻咄∥辻噺信濃夕涼み御手洗参りロッジア縁台将棋グロッタしたるしててら凍みる夏祭り夕涼み先立つ水中り涼み台

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

涼みの関連情報