深田久彌(読み)ふかだきゅうや

精選版 日本国語大辞典「深田久彌」の解説

ふかだ‐きゅうや【深田久彌】

小説家、登山家。石川県出身。東京帝国大学中退。昭和五年(一九三〇)「オロッコの娘」を発表、好評を得る。小林秀雄らと「文学界」を創刊に「津軽の野づら」「贋修道院」「日本百名山」などがある。また、ヒマラヤ登山やシルクロード学術踏査隊長としても知られる。明治三六~昭和四六年(一九〇三‐七一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android