コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文学界 ぶんがくかい

9件 の用語解説(文学界の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文学界
ぶんがくかい

文芸雑誌。 (1) 1893年1月~98年1月。 58号。巌本善治の『女学雑誌』から派生,独立した同人雑誌。明治 20年代の浪漫主義運動を推進し,北村透谷や上田敏の評論,樋口一葉の小説,島崎藤村の詩が主要な収穫である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんがく‐かい【文学界】

芸術の世界で、文学にかかわる分野。
文学にたずさわる人たちの社会。文壇。文界。
[補説]書名別項。→文学界

ぶんがくかい【文学界】[書名]

文芸雑誌。明治26年(1893)1月、「女学雑誌」から分立して創刊、明治31年(1898)1月廃刊。戸川秋骨北村透谷島崎藤村馬場孤蝶上田敏らを同人として、前期浪漫主義文学運動を推進した。
文芸雑誌。昭和8年(1933)10月、小林秀雄林房雄川端康成武田麟太郎らを同人として創刊。休・再刊などを経て、昭和24年(1949)から文芸春秋新社(のち文芸春秋)発行の商業文芸誌となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

文学界【ぶんがくかい】

文芸雑誌。(1)1893年1月,《女学雑誌》の文学部門が独立する形で星野天知平田禿木島崎藤村北村透谷戸川秋骨上田敏らにより創刊され,前期浪漫主義文学運動を代表した。
→関連項目阿部知二有吉佐和子石原慎太郎井上靖亀井勝一郎河上徹太郎神西清たけくらべ戸川残花中島敦中島健蔵中村光夫中山義秀馬場孤蝶深田久弥舟橋聖一三宅花圃明星山川方夫若菜集

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんがくかい【文学界】

(1)明治期の文芸雑誌。1893年(明治26)1月創刊,98年1月終刊。全58冊。他に《うらわか草》1巻を臨時に発行した(1896年5月)。主宰者は星野天知。4号まで発行所を女学雑誌社としたのは,《赤表 女学雑誌》と交互に刊行された《白表 女学雑誌》(《女学雑誌》の文学芸術部門)から,この雑誌が独立したことによる。5号以降は文学界雑誌社と改称し,名実ともに文学の自立を指導理念とした。最初の同人は,理論的中核となった北村透谷,島崎藤村,平田禿木(とくぼく),戸川秋骨,天知とその弟星野夕影(せきえい)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんがくかい【文学界】

文学の領域。
文学者たちの社会。文壇。
書名(別項参照)。

ぶんがくかい【文学界】

文芸雑誌。1893(明治26)~98年。「女学雑誌」の文芸部門が独立したもの。星野天知・北村透谷・島崎藤村らが同人。明治中期におけるロマン主義運動の中心であり、樋口一葉「たけくらべ」、北村透谷「内部生命論」などが発表された。
文芸雑誌。1933年(昭和8)文化公論社から発刊。小林秀雄・川端康成・林房雄・武田麟太郎らが同人。昭和10年代の文学活動の拠点となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

文学界

株式会社文藝春秋が発行する純文学を扱う文芸誌で、月刊で刊行されている。もともとは同人誌として1933年に創刊され、小林秀雄、林房雄、永井龍男らが関わっていた。純文学での新人の登竜門と位置づけられている文学界新人賞の主催でも知られている。2015年1月、同誌の15年2月号にお笑いタレントピース又吉直樹が執筆した小説『花火』が掲載され、話題となった。同号はこの効果で15年1月9日、2万3000部の増刷を決定。同号の発行部数は計4万部に達し、同誌の史上最高部数を記録した。

(2015-1-13)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文学界
ぶんがくかい

文芸雑誌。(1)1893年(明治26)1月~98年1月、全58冊。発行所は4号まで女学雑誌社、以後文学界雑誌社。おもな同人は星野天知(てんち)、平田禿木(とくぼく)、島崎藤村(とうそん)、北村透谷(とうこく)、戸川秋骨(しゅうこつ)、馬場孤蝶(こちょう)、上田敏(びん)など。キリスト教的改良主義にたつ『女学雑誌』の若い寄稿家を中心に発刊され、やがて女学雑誌社から独立するとともに啓蒙(けいもう)主義的立場から脱し、主我的で反俗的な浪漫(ろうまん)主義の傾向を強めていった。後期浪漫主義を代表する『明星』に対して前期浪漫主義の拠点となった。初期は透谷の形而上(けいじじょう)的な評論、中期は客員格であった樋口(ひぐち)一葉の小説や、敏、禿木らの芸術至上主義的評論、後期は藤村の叙情詩によって代表される。(2)1933年(昭和8)10月~44年4月。全119冊。発行所は初め文化公論社、ついで文圃(ぶんぽ)堂、文芸春秋社と移った。いわゆる文芸復興期の機運のなかで小林秀雄、林房雄、武田麟太郎(りんたろう)、川端康成(やすなり)、深田久弥(きゅうや)、広津和郎(かずお)、宇野浩二を編集同人として創刊。のち小林と河上徹太郎を中心に同人を拡大して昭和10年代文壇の一大勢力となった。阿部知二(あべともじ)『冬の宿』、北条民雄『いのちの初夜』、小林秀雄『ドストエフスキイの生活』、中村光夫『二葉亭四迷論』など問題作が掲載されたが、末期には「近代の超克」を特集するなど戦時色を濃くした。1947年(昭和22)6月、林房雄らによって文学界社刊として復刊され、全18冊を出した。(3)1949年3月~。文芸春秋新社(のち文芸春秋)発行。現代を代表する文芸雑誌として多くの名作や新人を生み出している。[東郷克美]
『笹淵友一著『「文学界」とその時代』上下(1959、60・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の文学界の言及

【詩】より

…詩の本来もつべき繊細微妙な香りや味わいは彼らの追求の主目的ではなかったから,その方面である程度満足すべき質をそなえた仕事は,森鷗外らの新声社同人による訳詩集《於母影(おもかげ)》(1889)の出現をまたねばならなかった。1893年,北村透谷,島崎藤村,上田敏らが《文学界》を創刊,キリスト教およびルネサンスへの関心を中核にもつ浪漫主義運動を展開,啓蒙的・社会改良的功利主義を批判して,文学・芸術独自の価値にもとづく作品活動を主張した。藤村の《若菜集》(1897)の恋愛詩はその代表的な成果である。…

【女学雑誌】より

…とくに巌本が編集人となってからはその傾向が著しく,女性の地位向上,婚姻制度の改良,廃娼,矯風などについて,社会改良的な論を展開した。中島(岸田)俊子,田辺竜子らの女性執筆者を育てたこと,北村透谷,島崎藤村らの雑誌《文学界》の母体となったことなど,その後の文学,思想,ジャーナリズムにも影響を及ぼした。【井上 輝子】。…

【ロマン主義】より

…彼はロマン主義の本質を,未知な世界や異常な事物などに対する好奇心などの伝奇性に求めているが,そこから森鷗外元祖説は導かれているのである。これに反対して,勝本清一郎は,〈正統なロマン主義〉の性格が,〈自由を求める精神,形式を破壊する精神,保守的勢力に対して革命的な精神,動的な自己主張の精神〉(〈《文学界》と浪曼主義〉)にあると考え,北村透谷の劇詩《楚囚之詩(そしゆうのし)》(1889)から《蓬萊曲(ほうらいきよく)》(1891)へ展開する過程に,その顕著なあらわれを見ている。この勝本の立場からは,佐藤春夫がロマン的作品として高く評価する鷗外青年期の訳詩集《於母影(おもかげ)》(1889)や小説《舞姫》(1890)は,その静的な形式美,節度,保守,妥協への希求,抒情への傾向において,酷評されざるをえない。…

※「文学界」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

文学界の関連キーワード我楽多文庫しがらみ草紙新思潮文芸文芸倶楽部しからみ草紙芸文磯野秋渚小原元文芸雑誌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文学界の関連情報