コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小説家 ショウセツカ

デジタル大辞泉の解説

しょうせつ‐か〔セウセツ‐〕【小説家】

小説を書くことを職としている人。作家
中国古代の諸子百家の一。小さな巷説(こうせつ)を拾い集め、伝えたもの。
[補説]書名別項。→小説家

しょうせつか【小説家】[書名]

村井弦斎の小説。明治29年(1896)、上下2巻で刊行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうせつか【小説家 Xiǎo shuō jiā】

中国古代の諸子百家の一つとして《漢書芸文志に見える。そこに著録された書籍から推して,九流に分属できなかった依託(擬作)の文献で,内容が浅薄または迂誕(大げさで実際的でない)と評定された一群である。周王朝の中央職官〈王官〉から諸子が派生したとする班固は,この流派が〈稗官(はいかん)(地方行政職員)〉に淵源する,と説く。〈小説〉とは,瑣細な話柄のことで,街談巷語(町のうわさ話)の細事を集め,閭里(むら)の見聞を書きとめて,治身理家(一家の経営や処世術)の用に供したり(桓譚新論》),余暇の娯楽の資とした(張衡〈西京賦〉)ものであったらしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうせつか【小説家】

小説を書くことを業とする人。作家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小説家の関連キーワードアレクサンドル・ゲオルギエヴィチ マルイシキンフセヴォロド・ミハイロヴィチ ガルシンアナトーリー・ナウモヴィチ ルイバコフボリス・レオンチエヴィチ ゴルバートフヨハン・カール・アウグスト ムゼーウスウオルター・エドウィン ハヴィガーストニコライ・セミョーノヴィチ レスコフハウアド・オヴァーリング スタージスフランク・リチャード ストックトンユーリー・マルコヴィチ ナギービンチャールズ・エドワード キャリルエドワード・ルーカス ホワイトドン・M. マンキーウィッツピーター・バーナード カインハロルド・ルイス ヒュームズヘンリ・フランシス キーナンハンス・オットー ストームネーサン・ハスケル ドールハリー・レオン ウィルソンオーエン・M. ジョンソン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小説家の関連情報