コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混合度

世界大百科事典内の混合度の言及

【混合】より

…実際には,ある程度のばらつきは不可避であるので,各成分の組成のばらつきが誤差関数にのったとき,混合は完了したものとみなす。図1のa→bまたはa→cに示すように,不完全な混合状態ではサンプルの大きさと採取個所により濃度が異なるから,混合状態(混合度)の定量的な表示には,サンプルの大きさ(容積や質量または含まれる個体数)とサンプル濃度の仕込濃度(あるいは全サンプル濃度の平均値)からのばらつきの程度を示す必要がある。サンプルの大きさは小さくするほど混合状態を細かく厳密に評価でき,極限としては分子の集合状態までを検出することであるが,固体を含む混合物では固形分の粉粒体の大きさと仕込濃度により混合度に限界があり(最良混合度),また工業的にはむしろ実用上の目的から限界値が決まり,サンプルの大きさを過度に小さくする必要はない。…

※「混合度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android