清水 董三(読み)シミズ トウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

清水 董三
シミズ トウゾウ

昭和期の外交官



生年
明治26(1893)年8月1日

没年
昭和45(1970)年12月8日

出生地
栃木県

別名
号=東翠

学歴〔年〕
東亜同文書院政治科〔大正4年〕卒

経歴
大正6年東亜同文書院支那省別全誌編纂所員、8年東亜同文書院教授(支那語科担当)を経て昭和4年外務省嘱託、8年同省翻訳官、18年北京大使館一等書記官、21年大使館参事官、30年駐中華民国公使、31年外務審議官となった。34年退官後外務省、日本クラブなどで書画を教えた。中国関係の著書が多い。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android