書画(読み)しょが

精選版 日本国語大辞典「書画」の解説

しょ‐が ‥グヮ【書画】

〘名〙 書と絵。書道と絵画。また、書や絵をかくこと。
※玉塵抄(1563)四〇「書画をあつめて持たぞ」
※浄瑠璃・傾城反魂香(1708頃)上「琴棊(きんぎ)書画は晴の芸」 〔張衡‐論貢挙疏〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の書画の言及

【骨董】より

…また中国では古く,細かなものを入れ混じえる意もあり,魚や野菜を種々混ぜ合わせた煮物汁を〈骨董羹〉,五目飯のような混ぜご飯を〈骨董飯〉と呼んだことが知られる。明代の文人董其昌の《骨董十三説》に,骨董と呼ぶべきものとして金,玉,書画墨跡,石印,鐫刻(せんこく),窯器,漆器,琴,剣,鏡,硯(すずり)などがあげられており,日本で用いられてきた骨董の語もおおよそこの意味に沿いながら,日本的に変容されたものというべきであろう。 江戸時代には今日いう美術品の主流は茶道具(茶器)であり,一般にはもう少し雑多なものを含めて〈道具〉と呼ばれた。…

※「書画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android