コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水柳景 しみず りゅうけい

2件 の用語解説(清水柳景の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水柳景 しみず-りゅうけい

?-? 江戸時代前期の蒔絵(まきえ)師。
代々加賀金沢藩主前田家の呉服御用をつとめる家に生まれ,江戸で蒔絵をまなぶ。寛永のころ前田利常にまねかれ,初代五十嵐道甫(どうほ)(?-1678)とともに加賀蒔絵の隆盛に寄与した。前田家伝来の「老松蒔絵硯箱」に「行年八十五清水柳景(花押)」の銘がある。京都出身。名は九兵衛(くへえ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清水柳景

生年:生没年不詳
江戸前期の加賀の蒔絵師。江戸の人。一説に元禄1(1688)年没。名は九兵衛。初代の清水右甫は加賀(金沢)藩祖の前田利家より呉服御用を仰せ付けられ,その後2代紹務,3代九兵衛も相次いで藩主利長,利常,光高の用命を受けた。4代九兵衛柳景は,幼少より蒔絵を学び,利常に召されて蒔絵御用を仰せ付けられ,寛文10(1670)年より20人扶持を受けた(『貞享三年八月書上』の由緒書)。作風は細密精緻で技巧を凝らし,基準作の前田家伝来「老松蒔絵硯箱」に「行年八十五清水柳景(花押)」の銘がある。<参考文献>『金沢市史』

(内田篤呉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水柳景の関連キーワード長野横笛五十嵐道甫春正蒔絵上田喜三郎栗本阿波古満休意(1)椎原市太夫巣野不幽奈良雪勝米田孫六

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone