コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀蒔絵 かがまきえ

1件 の用語解説(加賀蒔絵の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

加賀蒔絵【かがまきえ】

加賀藩で発達した蒔絵。藩主前田利家に召された五十嵐家3世道甫を祖とし,寛永年間に前田利常に招かれた4世喜三郎道甫によって加賀蒔絵の基礎が確立した。江戸の蒔絵師椎原市太夫も利常に招かれて印籠(いんろう)蒔絵にたずさわり加賀印籠の基をつくる。
→関連項目五十嵐家

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の加賀蒔絵の言及

【五十嵐家】より

…2代甫斎は信斎の子で業を継ぎ豊臣秀吉に仕えたが,作品などは詳らかでない。3代道甫(?‐1678)は寛永年間(1624‐44)加賀藩主前田利常に招かれ,京都から金沢へおもむき加賀蒔絵の基をきずいた。作風は華美にわたらず清雅な趣に満ちている。…

※「加賀蒔絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加賀蒔絵の関連情報