清水谷実任(読み)しみずだに さねとう

美術人名辞典の解説

清水谷実任

江戸前期の公卿。公松の男。初名は忠治・忠定。権大納言正二位となる。廃絶した清水谷家を再興。のち出家して素快と号する。寛文4年(1664)歿、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

367日誕生日大事典の解説

清水谷実任 (しみずだにさねとう)

生年月日:1587年6月30日
江戸時代前期の公家
1664年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android