減少関数(読み)げんしょうかんすう

デジタル大辞泉の解説

げんしょう‐かんすう〔ゲンセウクワンスウ〕【減少関数】

関数yfx)の定義域内で、xが増加するとき常にyの値が減少する関数。→増加関数

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんしょうかんすう【減少関数】

ある関数の定義域内で、変数が増加するに伴って関数の値が減少するような関数。 ⇔ 増加関数

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げんしょう‐かんすう ゲンセウクヮンスウ【減少関数】

〘名〙 独立変数の値が増加するに従って、それに対応する関数値が減少する関数。また、関数値が増加しない関数をもいうことがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の減少関数の言及

【単調関数】より

…実変数の実数値関数f(x)があって,x1x2ならばf(x1)≦f(x2)となるとき,f(x)を単調増加関数,または単に増加関数という。また,x1x2ならばf(x1)≧f(x2)となるとき,f(x)を単調減少関数,または単に減少関数という。増加関数と減少関数とを総称して単調関数という。…

※「減少関数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android