コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減歩率 ゲンブリツ

1件 の用語解説(減歩率の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんぶ‐りつ【減歩率】

区画整理などで換地処分が行われた際の、処分前の土地面積に対する処分後の面積の割合。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の減歩率の言及

【土地区画整理】より

…供出された土地を減歩といい,減歩は公共用地にあてられるほか,売却して事業費にあてるための用地(保留地)とされる。整理前の土地と換地後の土地の割合は減歩の割合で示すことが多く,これを減歩率という。整理前の土地の評価が整理後の評価と比べて増進が少ないときに減歩率は低く(15%ぐらい),増進が大きいときに減歩率は高く(30%以上)なる。…

※「減歩率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

減歩率の関連情報