コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準備通貨 じゅんびつうかreserve currency

翻訳|reserve currency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

準備通貨
じゅんびつうか
reserve currency

通貨当局が対外決済準備として保有している外国通貨をいう。 19世紀の金本位制度においてはポンド,第2次世界大戦後はドルが準備通貨として支配的な地位を占めた。地域的に使用されていた例もあり,旧スターリング地域でのイギリスポンド,フラン圏におけるフランスフランなどがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんびつうか【準備通貨】

政府・中央銀行が対外支払準備として保有する外貨。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の準備通貨の言及

【基軸通貨】より

…ほとんどすべての国は金・外貨準備をもつが,基軸通貨はその外貨準備として用いられる。そのため準備通貨reserve currencyともいう。今日,最も代表的な基軸通貨はいうまでもなく米ドルである。…

【ドル】より

…1995年末現在,国際通貨として世界的に用いられているものには米ドル,ユーロダラー,金,SDR(IMF特別引出権),ドイツ・マルク,円,フランス・フラン,イギリス・ポンド等があるが,ドルはこのなかで6~7割を占め,支配的地位を占める通貨である。ドルの国際通貨としての具体的役割は価値尺度のほか,決済通貨,介入通貨,準備通貨等である。決済通貨とは商品,サービス,および資本の国際取引において支払手段として現実に売買を媒介する通貨である。…

※「準備通貨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

準備通貨の関連キーワードスティグリッツ国連報告円(日本の貨幣単位)キングストン会議複数準備通貨制度固定為替相場制トリフィン案国際金融市場円の国際化国際通貨中央銀行基軸通貨通貨当局決済通貨政府外貨

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android