コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶岩鍾乳 ようがんしょうにゅうlava stalactite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

溶岩鍾乳
ようがんしょうにゅう
lava stalactite

溶岩鍾乳石ともいう。溶岩トンネル天井から垂れ下がるつらら状の溶岩。鍾乳洞中の鍾乳石に似ているのでこの名がつけられた。溶岩トンネルができたのちもまだ流動性を保つ溶岩の汁が天井からしたたり落ちることによってできるが,固結した溶岩の表面が再溶融して滴下したものもあるといわれる。玄武岩質溶岩にみられるもので,富士山麓ではところどころにある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

溶岩鍾乳の関連キーワード溶岩石筍

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android