コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滑動 かつどう

大辞林 第三版の解説

かつどう【滑動】

( 名 ) スル
ものが面上をすべりうごくこと。 「地層の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

岩石学辞典の解説

滑動

岩石の小さな塊が重力によって滑ることで,決まった場所から堆積岩が欠陥によって滑るのが一般である.他の塊状の移動形式と異なるのは,内部的な流れが少なく層理が保たれており,褶曲や断層を受けていてもそれらの起源が残されていること[Twenhofel : 1932, Carter : 1975].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内の滑動の言及

【運搬作用】より

…浮流によって運搬される物質は浮流物質(おもに河川水中のもの),懸濁物質または浮遊砂などと呼ばれる。掃流tractionは砕屑粒子が流れの中を底面に沿って運搬される形式で,転動rolling,滑動sliding,躍動saltationという3種類の運搬形式を総称したものである(図1)。掃流によって運搬される物質は掃流物質と呼ばれる。…

※「滑動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

滑動の関連キーワードスライディング・リアクションナップ(地学)ユレモ(顫藻)カセトメータースランプ角礫岩スランピング頭骨計測学人体測定法アーチダム等尺性収縮仮設工事平きさげ地すべり運搬作用スランプ航海術構造線ボート滑り弁ノギス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android