コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滑動 かつどう

2件 の用語解説(滑動の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かつどう【滑動】

( 名 ) スル
ものが面上をすべりうごくこと。 「地層の-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

滑動

岩石の小さな塊が重力によって滑ることで,決まった場所から堆積岩が欠陥によって滑るのが一般である.他の塊状の移動形式と異なるのは,内部的な流れが少なく層理が保たれており,褶曲や断層を受けていてもそれらの起源が残されていること[Twenhofel : 1932, Carter : 1975].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の滑動の言及

【運搬作用】より

…浮流によって運搬される物質は浮流物質(おもに河川水中のもの),懸濁物質または浮遊砂などと呼ばれる。掃流tractionは砕屑粒子が流れの中を底面に沿って運搬される形式で,転動rolling,滑動sliding,躍動saltationという3種類の運搬形式を総称したものである(図1)。掃流によって運搬される物質は掃流物質と呼ばれる。…

※「滑動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

滑動の関連キーワード親銀河機械的消化上清風蝕堆積物重力流砂岩脈オリストリスレジナイト炭ストーピングベアフットブーム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone