欠陥(読み)けっかん

精選版 日本国語大辞典「欠陥」の解説

けっ‐かん【欠陥】

〘名〙
① 不備な。不完全な点や欠けて足らないところ。不十分さ。欠点。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉二「娼家の設け本是れ社会に欠陥有り人心に弱処有るに因り、人情已めんと欲して已む可らざる者有り」 〔宋史‐李沆伝〕
② (━する) 金銭上、欠乏すること。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉一一「家計常に欠陥(ケッカン)するを免かれざる是れ一般の習なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「欠陥」の解説

けっ‐かん【欠陥】

欠けて足りないこと。不備な点。「論理上の欠陥を衝(つ)く」「欠陥商品」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android