滑川のネブタ流し

デジタル大辞泉プラスの解説

滑川のネブタ流し

富山県滑川市に伝わる民俗行事。かつては海沿いの地区で広く行われたが、現在は中川原常盤町のみに残る。7月、「ネブタ」と呼ばれる藁や竹などで作った作り物町内で曳きまわした後、和田の浜に据え付けて火をつけ、海に流す。1999年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android