コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁する ギョスル

デジタル大辞泉の解説

ぎょ・する【漁する】

[動サ変][文]ぎょ・す[サ変]
魚介類をとる。すなどる。
あさる。また、女色におぼれる。
「余を以て色を舞姫の群に―・するものとしたり」〈鴎外舞姫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうする【漁する】

( 動サ変 ) [文] サ変 れふ・す
魚介類を獲る。 「農民は耕作の外、湖に-・し/十和田湖 桂月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

漁するの関連キーワード蟹工船(母船式カニ漁業の母船)サケ・マス漁と輸入サケカツオ・マグロ漁船キャッチャーボート燃油高騰と漁業サケ・マス母船野母崎[町]七ヶ浜[町]すさみ[町]布津[町]珠洲(市)室戸(市)母船式漁業十和田湖土佐与市北洋漁業漁業労働漁業気象沖合漁業ダウェー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漁するの関連情報