女色(読み)ジョショク

  • じょしき ヂョ‥
  • じょしき〔ヂヨ〕
  • じょしょく ヂョ‥
  • じょしょく〔ヂヨ〕
  • にょしき
  • にょしょく

精選版 日本国語大辞典の解説

※浮世草子・傾城禁短気(1711)一「それ人と生れたる証には、色道を知り女色(ジョシキ)の面白きといふ事を悟るべし」
〘名〙
① 女性のかおかたち。婦人の魅力。女の色香。じょしき。にょしき。
※撰集抄(1250頃)九「いま心をかけおもひをつくすぢょしょく、しらず、すぎし世の父母にや侍らん。しからば、たよりなかるべし」
※浮世草子・武道伝来記(1687)六「其あてやかなる美形此年月国々にさまよひ目にかかる程の女色(ヂョショク)、是にならぶべきなし」
② 女との情事。いろごと。じょしき。にょしき。
※史記抄(1477)一一「欲が深て女色を好むものぢゃぞ」
〘名〙 女のすがたかたち。女の魅力。女の色香。また、女との情事。じょしょく。にょしょく。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)五「女色(ニョシキ)(〈注〉ヲンナノイロ)を衒売(くゑんまい)(〈注〉てらいうる)する」 〔菩薩訶色欲法経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の女色の言及

【田夫物語】より

…寛永年間(1624‐44)刊か。問答体の形式をとる男色女色の優劣論。書名の由来は,男色愛好者が〈華奢者(きやしやもの)〉(風流な伊達者)であるのに対し,女色支持者を〈田夫者〉(田舎者)と規定することによっており,当時の衆道の流行ぶり,それを風流とみる風潮もうかがえる。…

※「女色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android