コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢作 カンサク

デジタル大辞泉の解説

かん‐さく【漢作】

中国産の茶入れのうち、最も古いもの。宋・元代に製作されたものとみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんさく【漢作】

唐物からもの茶入れのうち、製作年代が宋・元代と古く、作品的にも優れているものの称。現存品は多く大名物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

漢作の関連キーワード世界のおもな国歌義勇軍行進曲富沢 有為男大陸打通作戦石川達三日中戦争畑俊六東方紅唐物時調茶入話劇

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android