茶入れ(読み)ちゃいれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茶入れ
ちゃいれ

茶道具の一つ。濃茶を入れる陶製小壺。江戸時代までは茶道具のなかで最も尊重された。濃茶点前 (てまえ) に用い,通常,象牙製のふたをかぶせ,高級な織物で作った袋で包む。産地,形態などによって 100種類近くに分類される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゃいれ【茶入れ】

茶を入れておく容器。茶道では、抹茶まつちや用の小壺こつぼをいう。濃茶こいちや用は陶製で蓋は象牙とし仕服しふくに入れる。薄茶用は漆器・木地物・焼き物などがあり、薄茶器あるいは略して薄器と称する。葉茶用はスズまたはブリキの筒を用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶入れの関連情報