コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶入れ ちゃいれ

3件 の用語解説(茶入れの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茶入れ
ちゃいれ

茶道具の一つ。濃茶を入れる陶製の小壺。江戸時代までは茶道具のなかで最も尊重された。濃茶点前 (てまえ) に用い,通常,象牙製のふたをかぶせ,高級な織物で作った袋で包む。産地,形態などによって 100種類近くに分類される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐いれ【茶入れ】

茶を入れておくための容器。特に茶の湯で、濃茶(こいちゃ)用の抹茶を入れる容器。主に陶器で、形も肩衝(かたつき)茄子(なす)文琳(ぶんりん)など種々の形がある。薄茶(うすちゃ)には多く漆器・木地物(きじもの)を用い、棗(なつめ)中次(なかつぎ)などの名がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゃいれ【茶入れ】

茶を入れておく容器。茶道では、抹茶まつちや用の小壺こつぼをいう。濃茶こいちや用は陶製で蓋は象牙とし仕服しふくに入れる。薄茶用は漆器・木地物・焼き物などがあり、薄茶器あるいは略して薄器と称する。葉茶用はスズまたはブリキの筒を用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茶入れの関連キーワード薄茶点前御茶を濁す御茶を挽く茶具茶肆茶茶を入れる茶袋茶を濁す茶を挽く臍で茶を沸かす

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茶入れの関連情報