コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢字仮名交じり文 カンジカナマジリブン

デジタル大辞泉の解説

かんじかな‐まじりぶん【漢字仮名交じり文】

漢字と片仮名平仮名を混用した文。平安時代以降、漢文訓読基盤として発達し、中世以降広く行われるようになった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんじかなまじりぶん【漢字仮名交じり文】

国語を書き表す最も普通の表記法で、漢字と平仮名(または片仮名)を混用するもの。奈良時代に興る。漢字と仮名の書き分けはかなり自由であるが、用言語尾・助動詞・助詞など必ず仮名で書くところが社会習慣として確立し、語や文節の切れ目をはっきりさせている。仮名交じり文。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

漢字仮名交じり文の関連キーワード書き下す・書下すタイポグラフィエジプト文字梁塵愚案抄国語問題文字教育仮名草子送り仮名奈良時代切れ目助動詞表記法表記助詞漢字文節宣命

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漢字仮名交じり文の関連情報