漢字仮名交じり文(読み)カンジカナマジリブン

大辞林 第三版の解説

かんじかなまじりぶん【漢字仮名交じり文】

国語を書き表す最も普通の表記法で、漢字と平仮名(または片仮名)を混用するもの。奈良時代に興る。漢字と仮名の書き分けはかなり自由であるが、用言語尾・助動詞・助詞など必ず仮名で書くところが社会習慣として確立し、語や文節の切れ目をはっきりさせている。仮名交じり文。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

漢字仮名交じり文の関連情報