コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にごりえ ニゴリエ

デジタル大辞泉の解説

にごりえ[書名]

樋口一葉の小説。明治28年(1895)発表。酌婦お力を通して、下層社会の暗い宿命観を写実的に描く。

にごり‐え【濁り江】

水の濁っている入り江。
「―の澄まむことこそ難(かた)からめいかでほのかに影を見せまし」〈新古今・恋一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

にごりえの関連情報