コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下層社会 カソウシャカイ

3件 の用語解説(下層社会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かそう‐しゃかい〔‐シヤクワイ〕【下層社会】

下層階級に属する人々によって構成される社会。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かそうしゃかい【下層社会】

下層階級に属する人々が、集まってつくる固有の社会。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下層社会
かそうしゃかい

貧しさのために社会的地位もいちばん低い人たちをさす。その具体的な内容は国と時代とによって変わる。わが国についていえば、明治期には、浮浪者、日稼ぎ人、雑業とともに職工や小作人がおもな内容であった。その後、産業革命を経て機械制大工場が増えるにしたがい職工の数も増え、職工とその他の不安定就業層や脱落層(貧困高齢者、病弱者、法的救済対象者、反社会的集団など)との違いがはっきりして分化してくる。そのために下層社会は2通りの意味に使われるようになる。一つは、社会を上、中、下の3層に分けた場合で、近代の労働者階級をも含めた広い意味のものである。もう一つは、貧困層、極貧層、底辺層などと同じ意味に使われるもので、労働者階級でも安定就業層を除いた狭い意味のものである。世間一般では広い意味のものもかなり使われてきたが、社会問題研究では狭い意味の使い方が多くなっている。
 この用語に、人間の優劣をも意味するような身分制的な残りかすも含まれていたことから、第二次世界大戦後はあまり使われなくなってきた。現在は、生活水準、消費水準の高い低いに限定した上、中、下のような使われ方が普通である。[真田 是]
『横山源之助著『日本の下層社会』(岩波文庫) ▽津田真澂著『日本の都市下層社会』(1972・ミネルヴァ書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下層社会の関連キーワード労働者階級下層階級冠木門細民宗教団体上層階級上流階級上流社会無産者三大階級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下層社会の関連情報