濡手で粟をつかむ(読み)ぬれてであわをつかむ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぬれて【濡手】 で=粟(あわ)[=小米(こごめ)]をつかむ

骨を折らずに利益を得る。
※狂歌・後撰夷曲集(1672)三「女良花露へし分ておる人はぬれ手て粟をつかむとぞみる〈重香〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android