瀬戸大橋線(読み)セトオオハシセン

デジタル大辞泉の解説

せとおおはし‐せん〔せとおほはし‐〕【瀬戸大橋線】

宇野線茶屋町から予讃線宇多津に至るJR本四備讃(ほんしびさん)線の通称。瀬戸大橋の架橋により、昭和63年(1988)開業。全長31.0キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瀬戸大橋線の関連情報