コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予讃線 よさんせん

4件 の用語解説(予讃線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

予讃線
よさんせん

四国地方,高松と宇和島を結ぶ鉄道。 JR四国。全長 291.6km。瀬戸内海沿岸に沿って香川,愛媛両県を縦貫する。 1897年讃岐鉄道の一部として高松-多度津間が開通し,のち山陽鉄道に併合され,1906年国有化。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

予讃線【よさんせん】

香川県高松〜愛媛県宇和島間ほか2支線(29.4km)のJR線。営業キロ327.3km。瀬戸内海の海岸に沿って香川・愛媛両県を縦貫する。高松〜多度津間は讃岐(さぬき)鉄道の一部として1897年全通,のち山陽鉄道に統合され1906年国有化。
→関連項目山陽鉄道四国旅客鉄道[株]高松[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よさんせん【予讃線】

高松駅から坂出,丸亀,多度津,松山をへて宇和島駅に至る297.9kmと向井原~内子間および伊予大洲~新谷間29.4km(新谷~内子間は内子線)JR四国線。1986年に内子経由の路線が開通し,直通列車はこれを利用している。高松~多度津間は讃岐鉄道が建設したもので,1889年5月丸亀~多度津~琴平間が,97年2月丸亀~高松間がそれぞれ開業した。当時この地区は経済的に発展した地域で,また金刀比羅宮は本州からの参詣者も多く,鉄道建設の気運が高まり,讃岐鉄道が設立された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

予讃線
よさんせん

四国旅客鉄道の線路名称。高松(香川県)―松山(愛媛県)―宇和島(うわじま)(愛媛県)間(297.6キロメートル)、および愛媛県の向井原(むかいばら)―内子(うちこ)間(23.5キロメートル)、伊予大洲(いよおおず)―新谷(にいや)間(5.9キロメートル)よりなる。四国の北岸(瀬戸内海沿岸)と西岸(宇和海沿岸)を縦貫する幹線鉄道で、讃岐(さぬき)平野、新居浜(にいはま)平野、今治(いまばり)平野、松山平野などの四国北岸の重要都市を結ぶ。1889年(明治22)に讃岐鉄道によって開業した丸亀―多度津(たどつ)―琴平(ことひら)間に始まり、1897年に高松に線路を東進させ、山陽鉄道との合併を経て、1906年(明治39)国有化され、1909年の線路名称の制定によって讃岐線と称された。1913年(大正2)以降、多度津より線路を西にすこしずつ延長し、1927年(昭和2)松山、1935年伊予大洲、1945年宇和島まで開通して現在の路線を全通させた。この間に讃予(さんよ)線(1923)、予讃本線(1933)と線路名称を改め、この線の一部として開業した多度津より琴平を経て阿波池田(あわいけだ)に至る区間を1935年に分離して土讃(どさん)本線(現、土讃線)に編入している。また伊予長浜―伊予大洲間は愛媛鉄道が開業(1918)した線(軌間762ミリメートル)を1935年国有化して1067ミリメートル軌間に改築したものであった。伊予市以南の区間は山地が海岸に迫る険峻(けんしゅん)な地形に線路を建設したため、急曲線と急勾配(こうばい)の連続する劣悪な線形となっている。1986年(昭和61)、向井原―伊予大洲間で中山峠を越える新しいルートの線路が開業し、主要列車は新線を経由して運転されるようになって、海岸と肱(ひじ)川沿いの旧線はローカル列車のみの運転となった(新線中、内子―新谷間の5.3キロメートルは、内子線の路線を改築したために現在も内子線と称する)。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、四国旅客鉄道に所属し、1988年予讃線と改称。また、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋(道路・鉄道併用)が1988年開通し、宇多津(うたづ)駅(新駅)で本四備讃線と線路がつながり、岡山方面から直通列車が予讃線に乗り入れた。四国で最初に電化区間となったのは、1987年3月高松―坂出(さかいで)間、多度津―観音寺(かんおんじ)間、土讃線多度津―琴平間で、同年10月坂出―多度津間も電化された。その後も電化区間は延伸され、1993年までに観音寺―伊予市間の電化が行われた。高松―多度津間のみ複線である。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

予讃線の関連キーワード多度津町多度津香川県仲多度郡多度津町北鴨香川県仲多度郡多度津町庄香川県仲多度郡多度津町高見香川県仲多度郡香川県仲多度郡多度津町西白方香川県仲多度郡多度津町堀江香川県仲多度郡多度津町三井香川県仲多度郡多度津町元町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

予讃線の関連情報