コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸大橋 せとおおはし

5件 の用語解説(瀬戸大橋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬戸大橋
せとおおはし

本州四国連絡橋の1つ。岡山県の児島と香川県の坂出を結び,1988年4月開通。岡山県側から下津井,北備讃,南備讃の3本の吊橋とその間をつなぐ2本の斜張橋,1本のトラス橋 (以上が海上橋) ,および4つの島の上にかかる高架橋の合せて 10本の橋から成り,海峡部の全長約 13km。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せと‐おおはし〔‐おほはし〕【瀬戸大橋】

本州四国連絡橋ルートの一。岡山県児島と香川県坂出とを結ぶ、鉄道と自動車道路併用の六つの橋梁群の総称。9.4キロメートルの海峡部を、五つの島づたいに、吊り橋、斜張橋トラスト橋が結ぶ。昭和63年(1988)完成。→本州四国連絡高速道路株式会社

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

瀬戸大橋【せとおおはし】

本州四国連絡橋児島〜坂出ルートの海峡部9.4kmにかかる橋。1975年着工,本四連絡橋の他ルートに先がけて1988年4月開通。中央支間長1100mの南備讃瀬戸大橋を含む吊橋3と斜張橋2,トラス橋1の計6橋に分かれ,JR本四備讃線(通称瀬戸大橋線
→関連項目宇高連絡航路宇野線香川[県]玉野[市]鉄道連絡船土讃線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

せとおおはし【瀬戸大橋】

本四連絡橋の児島・坂出ルートの通称。海峡部の長さ約9.4キロメートル。 JR 瀬戸大橋線と瀬戸中央自動車道の併用橋。1988年(昭和63)開通。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬戸大橋
せとおおはし

本州と四国を結ぶ本州四国連絡橋の一つ。児島(こじま)―坂出(さかいで)ルートは、1988年(昭和63)4月、9年半の歳月と約1兆1300億円の工費を費やして完成した。このルートの海峡部(9.4キロメートル)を瀬戸大橋の愛称でよぶ。岡山県鷲羽(わしゅう)山の沖合いに浮かぶ塩飽(しわく)諸島のうち、櫃石(ひついし)島、岩黒(いわくろ)島、羽佐島、与島、三ッ子島の五つの島々を吊橋(つりばし)、斜張橋、トラス橋などの道路・鉄道併用橋で結び、岡山県と香川県を直結する。
 道路部は、瀬戸中央自動車道とよばれ、岡山県早島町から香川県坂出市に至る延長37.3キロメートルの自動車専用道路である。鉄道部は、本四備讃線(ほんしびさんせん)とよばれ、JR西日本の宇野線茶屋町駅からJR四国の予讃線宇多津駅に連絡する延長32.4キロメートルの在来線(複線)である。
 瀬戸大橋は六つの橋梁(きょうりょう)からなっており、詳細は以下のとおりである。
 下津井(しもつい)瀬戸大橋(吊橋、橋長1400メートル)、櫃石島橋(斜張橋、橋長790メートル)、岩黒島橋(斜張橋、橋長790メートル)、与島橋(トラス橋、橋長850メートル)、北備讃瀬戸大橋(吊橋、橋長1538メートル)、南備讃瀬戸大橋(吊橋、橋長1648メートル)。なおこのほかに、各島内に高架橋がある。[長瀬浩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬戸大橋の関連キーワード本州四国連絡橋大鳴門橋本四連絡橋道路関係四公団本州四国連絡橋公団本四架橋わたる紫雲丸事故岡山県玉野市宇野富樫凱一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瀬戸大橋の関連情報