瀬戸大橋(読み)せとおおはし

日本大百科全書(ニッポニカ)「瀬戸大橋」の解説

瀬戸大橋
せとおおはし

本州と四国を結ぶ本州四国連絡橋の一つ。児島(こじま)―坂出(さかいで)ルートは、1988年(昭和63)4月、9年半の歳月と約1兆1300億円の工費を費やして完成した。このルートの海峡部(9.4キロメートル)を瀬戸大の愛称でよぶ。岡山県鷲羽(わしゅう)山の沖合いに浮かぶ塩飽(しわく)諸島のうち、櫃石(ひついし)島、岩黒(いわくろ)島、羽佐島与島、三ッ子島の五つの島々を吊橋(つりばし)、斜張橋トラス橋などの道路鉄道併用橋で結び、岡山県と香川県を直結する。

 道路部は、瀬戸中央自動車道とよばれ、岡山県早島町から香川県坂出市に至る延長37.3キロメートルの自動車専用道路である。鉄道部は、本四備讃線(ほんしびさんせん)とよばれ、JR西日本の宇野線茶屋町駅からJR四国の予讃線宇多津駅に連絡する延長32.4キロメートルの在来線(複線)である。

 瀬戸大橋は六つの橋梁(きょうりょう)からなっており、詳細は以下のとおりである。

 下津井(しもつい)瀬戸大橋(吊橋、橋長1400メートル)、櫃石島橋(斜張橋、橋長790メートル)、岩黒島橋(斜張橋、橋長790メートル)、与島橋(トラス橋、橋長850メートル)、北備讃瀬戸大橋(吊橋、橋長1538メートル)、南備讃瀬戸大橋(吊橋、橋長1648メートル)。なおこのほかに、各島内に高架橋がある。

[長瀬浩二]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「瀬戸大橋」の解説

瀬戸大橋【せとおおはし】

本州四国連絡橋児島〜坂出ルートの海峡部9.4kmにかかる橋。1975年着工,本四連絡橋の他ルートに先がけて1988年4月開通。中央支間長1100mの南備讃瀬戸大橋を含む吊橋3と斜張橋2,トラス橋1の計6橋に分かれ,JR本四備讃線(通称瀬戸大橋線。延長31.0km),本四連絡橋公団の有料道路(37.3km)からなる世界最長の鉄道・道路併用橋である。同年3月には青函トンネル開業して,日本列島の主要4島が鉄路で結ばれた。
→関連項目宇高連絡航路宇野線香川[県]玉野[市]鉄道連絡船土讃線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「瀬戸大橋」の解説

瀬戸大橋
せとおおはし

本州四国連絡橋の1つ。岡山県の児島と香川県の坂出を結び,1988年4月開通。岡山県側から下津井,北備讃,南備讃の3本の吊橋とその間をつなぐ2本の斜張橋,1本のトラス橋 (以上が海上橋) ,および4つの島の上にかかる高架橋の合せて 10本の橋から成り,海峡部の全長約 13km。道路と鉄道の併用橋で,瀬戸中央自動車道,JR瀬戸大橋線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「瀬戸大橋」の解説

せと‐おおはし〔‐おほはし〕【瀬戸大橋】

本州四国連絡橋ルートの一。岡山県児島と香川県坂出とを結ぶ、鉄道と自動車道路併用の六つの橋梁群の総称。9.4キロメートルの海峡部を、五つの島づたいに、吊り橋、斜張橋、トラスト橋が結ぶ。昭和63年(1988)完成。→本州四国連絡高速道路株式会社

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「瀬戸大橋」の解説

せと‐おおはし ‥おほはし【瀬戸大橋】

本州四国連絡橋の一つ。岡山県児島と香川県坂出とを結ぶ、鉄道と自動車道路併用の吊り橋。九・四キロメートルの海峡部を、五つの島づたいに六つの橋でつなぐ。昭和六三年(一九八八)開業。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android