火は火元から騒ぎ出す(読み)ひはひもとからさわぎだす

ことわざを知る辞典の解説

火は火元から騒ぎ出す

火事の時はまず出火したところが騒ぎ立てるものだ。いちばん先に騒ぎ立てた者がその事件の張本人であることが多いというたとえ。

[類句] 屁と火事は元から騒ぐ

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android