類句(読み)るいく

精選版 日本国語大辞典「類句」の解説

るい‐く【類句】

〘名〙
① 類似した句。似通った語句。また、類似した俳句、川柳をいう。
※許六宛去来書簡‐元祿八年(1695)正月二九日「丈艸申さるるに、類句らしき句聞たるのよし」
和歌俳諧の各句、または和歌の下の句を、いろは順または五十音順に配列したもの。「五句類句」「万葉集類句」
御湯殿上日記‐文明一三年(1481)九月一六日「むろまちとののるゐくの御さうし十五てう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「類句」の解説

るい‐く【類句】

似かよった語句。また、俳句・川柳などで、表現内容の似かよった句。
和歌・俳句の各句、または和歌の上の句あるいは下の句を、いろは順や五十音順に配列したもの。「万葉集類句

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android