コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火事 カジ

デジタル大辞泉の解説

か‐じ〔クワ‐〕【火事】

建築物や山林などが焼けること。火災。「火事になる」「隣家が火事を出す」「船(ふな)火事 冬》
[補説]曲名別項。→火事

かじ【火事】[曲名]

《原題、〈イタリア〉Il fuocoハイドンの交響曲第59番イ長調の通称。1769年作曲。通称は火事を思わせる激しく劇的な楽想に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

火事【かじ】

人間にとって有用なものが燃えてしまうという点からは火災と呼んでいる。消防庁では火災統計上,建物火災林野火災船舶火災航空機火災車両火災,その他の六つに分類しており,このうち出火件数では建物火災が半分以上を占める。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

火事

オーストリアの作曲家ヨーゼフ・ハイドンの交響曲第59番(1768頃?)。原題《Il fuoco》。名称は第1楽章の火事を思わせる激しさに由来するという説がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かじ【火事】

火事とは,建造物,山林・原野,輸送用機器等が放火を含め意図せざる原因によって燃え,自力で拡大していく状態にあるものをいうが,人間にとって有用なものが被災するという点からは,火災と呼ぶ。《消防白書》(消防庁編)は,火災を燃焼対象物により,建物火災,林野火災,車両火災,船舶火災,航空機火災およびその他火災(空地土手などの枯草,看板などの火災)に分類する。このうち近年の出火件数では建物火災が毎年60%以上を占めている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かじ【火事】

〔「ひのこと」の漢字表記「火事」を音読みした語〕
建物・船・山林などが焼けること。火災。 [季] 冬。 「 -になる」 「 -を出す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火事
かじ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の火事の言及

【使番】より

…また二条,大坂,駿府,甲府などの要地にも目付として出張し,遠国役人の能否を監察した。そのほか江戸市中に火災のあるときは火勢を視察して報告し,目付とともに大名課役の消防夫(大名火消)を指揮し,また定火消の火事場における働きのいかんを監察し上申した。本来は武功第一の者の務める役柄であり,戦場の標識として四半五之字の指物を用いた。…

【初午】より

…初午だけでなく二の午,三の午までする所もあり,また2月ではなく,奄美大島のように4月初午をいう所や11月初午をする所もある。高知県には家に水をかけるなど火防の行事をする所が多いが,初午の早い年は火事が多いという火に関する俗信は全国的である。茨城・福島県などではこの日は茶を飲まない,ふろをわかさないなどというが,これは火を扱うのを避けようとする気持ちからであろう。…

※「火事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火事の関連キーワード全国山火事予防運動兵は猶火の如しオーストリア火の見梯子火事場泥棒八百屋お七文化の大火明暦の大火手を束ねる火を失する祝融の災い火の用心火事装束山林火災煙になる丸焼け火の番火事場大火災火の事

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火事の関連情報