コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火を乞うは燧を取るに若かず ヒヲコウハスイヲトルニシカズ

1件 の用語解説(火を乞うは燧を取るに若かずの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

火(ひ)を乞(こ)うは燧(すい)を取るに若(し)かず

《「淮南子(えなんじ)」覧冥訓から。人から火種をもらうより、自分で火打ち石を使って火を起こしたほうがよいという意から》人を当てにせず、自分で努力すべきことのたとえ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone