火種(読み)ひだね

精選版 日本国語大辞典「火種」の解説

ひ‐だね【火種】

〘名〙
をおこしたり燃やしたりする種。もととなる火。
※俳諧・享和句帖‐三年(1803)一〇月七日「火種なき家を守るや梅花
※生(1908)〈田山花袋〉二七「火種を火鉢からさがして」
② 比喩的に、事件・騒動などの起こる原因となる物事をいう。「紛争の火種」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「火種」の解説

ひ‐だね【火種】

火をおこす種とする火。「火種絶やす
事件・騒動などの起こる原因となるもの。「内紛の火種をかかえる」
[類語]ほのおほむら火炎かえん光炎こうえん紅炎こうえん火柱ひばしら火先ほさき火の気火気種火口火発火点火着火火付き火加減火持ち残り火おき燠火おきび埋み火炭火火の粉火花火玉花火焚き火迎え火送り火野火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の火種の言及

【火】より

…(5)の化学法と(6)の電気法は近代技術の所産である。マッチの前身は火種から容易に炎を得るために,木の薄片の先端に硫黄を塗ったつけ木であった。【清水 昭俊】
[神話]
 ゼウスが隠した火を,プロメテウスが天上から盗んできて人間に与えたおかげで,火の利用が可能になったというのは,ギリシア神話の有名な話だが,このように最初の火が,窃盗によって人間の手に入ったという話は,世界中の多くの神話に共通して見いだされる。…

※「火種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android