コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火種 ヒダネ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐だね【火種】

火をおこす種とする火。「火種を絶やす」
事件・騒動などの起こる原因となるもの。「内紛の火種をかかえる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひだね【火種】

火をおこすもとになる火。
争い・騒ぎの原因。 「紛争の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の火種の言及

【火】より

…(5)の化学法と(6)の電気法は近代技術の所産である。マッチの前身は火種から容易に炎を得るために,木の薄片の先端に硫黄を塗ったつけ木であった。【清水 昭俊】
[神話]
 ゼウスが隠した火を,プロメテウスが天上から盗んできて人間に与えたおかげで,火の利用が可能になったというのは,ギリシア神話の有名な話だが,このように最初の火が,窃盗によって人間の手に入ったという話は,世界中の多くの神話に共通して見いだされる。…

※「火種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

火種の関連キーワード跨界性魚類資源(こかい せいぎょるいしげん)(ストラドリング魚類資源)中国による南シナ海岩礁埋め立て問題グランドマスター・フラッシュ火を乞うは燧を取るに若かず伏羲・伏犠・ふっぎロシア・トルコ戦争スプラトリー諸島少数民族[中国]無尽灯・無尽燈成田国際空港薪(たきぎ)欧州憲法条約ペルシャ湾火打ち替えヤーガン族夏下冬上南沙諸島鉛蓄電池竹島問題世継ぎ榾

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火種の関連情報