火打ち石(読み)ヒウチイシ

デジタル大辞泉「火打ち石」の解説

ひうち‐いし【火打ち石/×燧石】

玉髄に似た石英の一種。緻密ちみつで硬く、灰色黒色のものが多い。火打ち金と打ち合わせて発火させ、火打ち道具として用いた。フリント
[類語]石ころ石くれ小石れき石礫せきれき礫石れきせき石塊せっかい転石てんせき砂利じゃり砕石ごろた石つぶて玉石割り栗石さざれ石

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android