コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山性礫岩 かざんせいれきがんvolcanic conglomerate

岩石学辞典の解説

火山性礫岩

火山活動かその後の堆積作用によって直接堆積した礫岩で,火山性物質の破片と火山灰または火山性ガラスのマトリクスで構成されている.火山性礫岩は塊状となるか,水で再移動した場合は層となる[Blyth : 1940, Krumbein & Sloss : 1963].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

火山性礫岩の関連キーワード火山円礫岩半砕屑性

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android