コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堆積作用 たいせきさよう sedimentation

翻訳|sedimentation

6件 の用語解説(堆積作用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堆積作用
たいせきさよう
sedimentation

流水,風,潮流,氷河などによって運搬された粒子や岩石片が,流速が衰えるなどして運搬しきれなくなった場所に沈んで積ること。また,岩石から地表水あるいは地下水に溶け出した物質が,蒸発,温度変化,バクテリアの作用等によって再び固相として沈殿する現象も含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいせき‐さよう【堆積作用】

堆積するはたらき。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

堆積作用【たいせきさよう】

堆積岩の形成にあずかる作用。母岩の風化に始まり,浸食,運搬,ふるい分けされた物質が,最後にある地域に沈積して堆積岩になるが,沈積後の固結・岩石化の過程を続成作用といい,これも含めての全過程をさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

堆積作用

水,風,氷などによって移動した砕屑物が,最終的に水底または地上に静止する現象.水による物質の溶解析出や生物の作用によって物質が沈澱堆積する現象も堆積作用に含まれる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たいせきさよう【堆積作用 sedimentation】

地球の表面付近の地殻は風,雨,河川,氷河,波浪,気温変化,生物などの作用によって一部が削剝され,それが運搬され,ある場所に集積して岩石になっていく。この全過程が堆積作用である。すなわち,地殻を構成する物質はまず物理的または化学的に分解される風化作用を受ける。分解された物質は化学的または物理的に運ばれ,ある場所に沈積する。このような過程はそれぞれ運搬作用沈積作用呼ばれる。沈積した堆積物はしだいに固結して堆積岩になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいせきさよう【堆積作用】

堆積物を形成する作用。母岩の風化・浸食・運搬による機械的作用、水中での沈殿物の生成による化学的作用、生物の死骸など生物起源による生化学的作用など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の堆積作用の言及

【沈降】より

…大量の液体中に微小粒子を混合してよくかきまぜ,粒子を液体中に均一に分散させたのち,混合液を容器中で静置すると,粒子の密度が液体の密度より大きければ粒子は重力により底に沈み,容器上方には粒子を含まない上澄み液ができてくる。この現象を沈降といい,気体中の粒子や液滴の場合でも同様である。沈降現象を起こす推進力は重力,粒子と液体との密度差,粒子の大きさなどであるが,このほかに遠心力,静電力を受けた粒子が流体中を移動するのも広い意味で沈降と呼ばれる。…

【川】より


[堆積]
 山間部から盆地や平野に出ると,流水のエネルギー量が減少するため,運搬されてきた物質は粒径の大きい順に河床に沈積していく。これを堆積作用という。粒径の大きい順に沈積していくので,多くの場合,まず砂礫からなる扇状地が形成され,下流側に砂礫質の排水の良い自然堤防と粘土質の低湿な氾濫原とが交互する平野,さらに砂泥質の三角州が形成される。…

※「堆積作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堆積作用の関連キーワード地殻陸地地表漂石氷河擦痕表面再結合ギブスの定理(界面)クーロンの定理ミラーの実験《地球の地震活動度》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone