コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰被ぎ ハイカツギ

デジタル大辞泉の解説

はい‐かつぎ〔はひ‐〕【灰被ぎ】

《「はいかづき」とも》炭火などが燃えるにつれて、白い灰に覆われること。
天目茶碗(てんもくぢゃわん)の一。釉(うわぐすり)にをかぶったような独特の模様を呈したもの。はいかむり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいかつぎ【灰被ぎ】

〔「はいかずき」とも〕
炭火などが燃えるのに従い白く灰におおわれていくこと。
天目茶碗の一種。窯変ようへんにより、灰をかぶったような、不明瞭な景色を呈したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

灰被ぎの関連キーワード天目茶碗一種炭火窯変

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android