コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

災厄の町

1件 の用語解説(災厄の町の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

災厄の町

米国の作家エラリー・クイーンミステリー(1942)。原題《Calamity Town》。架空の町ライツヴィルを舞台に裕福な銀行家一族に起こった毒殺事件を描く。1979野村芳太郎監督で映画化(『配達されない三通の手紙』)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

災厄の町の関連キーワード悪の起源エラリー・クイーンの新冒険エラリー・クイーンの冒険ガラスの村クイーン警視自身の事件クイーン検察局クイーンのフルハウス孤独の島第八の日盤面の敵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone